同志社大学政法会 updated 2018-09-20

HOME > What's New > 奈良支部設立趣意書

同志社大学政法会奈良支部設立趣意書

このたび、奈良にゆかりのある同志社大学法学部・法学研究科を卒業(修了)した者が集い、会員相互の親睦及び互恵的発展と情報交換を図る交流の場を設けるため、同志社大学政法会奈良支部を発足させることとなりました。

同志社大学政法会は、1994年11月に設立され、昨年、20周年を迎えたところですが、この間、地域ごとの会員の交流の場として、主要な都道府県・地域に支部を設立することを事業の柱としてきました。既存の東京、東海、福井、神戸、広島、滋賀、大阪の7支部については、それぞれの特性を活かした様々な活動を展開していますが、奈良においても、以前より支部を作ってはどうかとの声があり、これまで立ち上げに向けて検討を進めてきたところです。

奈良県内在住の政法会会員は、住所判明者だけで2千名余を数えますが、これは既存の7支部の中でも中規模に相当します。会員数が多いことに加え、各方面で卒業生の活躍の目立つ、母校の勢いの強い地域でもありますので、支部設立が実現すれば、会員の交流がより活発化するとともに、本部や他支部との活動ともあいまって、同志社の名を高からしめる大きな力となってゆくことでしょう。また、これらの活動を通じて、母校の発展に寄与することができればと願っています。

我々会員は、年代こそ違え、母校で勉学に励み、青春の苦楽を味わい、そのことが後の人生に大きな糧となった経験を共有しています。このバトンを、有為な後輩に引き継いでいかねばなりません。奈良県内在住・在勤会員諸氏の結集よろしきを得て、年齢を問わず男女を問わず、様々な企画を通して自由闊達な交流の場となる奈良支部を作り上げていこうではありませんか。

奈良支部は、年1回の定時総会を開催していく予定です。会員の皆様、是非ご参集ください。また、当面は会員皆様の年会費と本部からの補助金とで運営することとなります。

皆様のご協力をいただきながら、発起人一同は奈良支部を実りあるものにしていきたいと存じます。よろしくご支援賜りますよう、お願い申し上げます。

2015年10月11日        
同志社大学政法会奈良支部発起人

杉本勝徳(奈良市 S40 法律) 田畑磐臣(奈良市 S40 法律) 松井基治(橿原市 S45 法律)
松井純一(橿原市 S50 法律) 福井英之(奈良市 S53 法律) 奥野雅信(天理市 S54 政治)
米田憲司(橿原市 S54 法律) 嶋田邦樹(奈良市 S54 政治) 村上伸彦(橿原市 S55 法律)
横田保典(奈良市 S56 法律) 川口尚登(奈良市 S59 法律) 西川浩司(河合町 S59 法律)
山崎彰彦(奈良市 H03 法律) 山岸憲一(生駒市 H05 法律) 栗須直樹(奈良市 H10 法律)
渋谷英生(奈良市 H11 法律) 小川哲史(奈良市 H12 法律) 越智祥浩(大和郡山市 H12 法律)
丸山浩介(生駒市 H13 法律) 馬場智巌(奈良市 H13 院修公) 野島佳枝(橿原市 H15 法律)
熨斗弓子(生駒市 H19 法律) 林揚子(奈良市 H20 法律)



「これで私たちは、10/11設立総会にのぞみます。ご支援をよろしくお願いします。奈良支部発起人一同」