同志社大学政法会 updated 2018-12-03

HOME > What's New > 会長のご挨拶

会長就任のごあいさつ
晩秋の候、みなさまにおかれましては、日々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
過日は錦秋の今出川キャンパスに、多くの政法会OB.OGのみなさまをお招きし、盛会裏に第25回定時総会を開催いたしました。
その中で、長年にわたり、政法会活動をそのリーダーシップでけん引していただきました髙橋滋会長が辞意を決意され、総会議題として後任会長の承認を求められた結果、会員のみなさまのご信任をいただき、私儀が後任を務めることとなりました。誠に身の引き締まる思いでございます。何分にも浅学非才故、会員のみなさまのお力をお借りして、政法会の伝統を継承し、次代に引き継いでいくべく精進してまいりたいと考えますのでよろしくお願い申し上げます。

さて、少子化の今日、大学をめぐる社会環境には大変厳しいものがございます。大学教育もかつてのような、大学内教育のみによって個性溢れる教育を行うことにとどまらず、社会との協働により、より社会性をもち個性ある人材の育成をいかに図っていくかが問われる時代となってまいりました。大学もその周辺のステークホルダーと如何に協働性を発揮していくかが大きく問われております。
このような時、もっとも身近な存在である学部同窓会が大学教育に果たす役割は、益々重要であります。
我が母校である同志社大学法学部が今後も歴史ある大学として、校祖新島襄の教育理念を発展させ、有意の人材を育成する大学として、歴史を発展させる良きパートナーなることを今後の目標に、政法会活動を発展させてまいりたいと考えております。

今後ともあたたかいご支援を心よりお願いいたしまして、雑駁ではございますが、就任のご挨拶とさせていただきます。

2018年11月
同志社大学政法会 会長 松尾 幹郎