同志社大学政法会 updated 2017-10-10

HOME > What's New > 20周年会長のご挨拶

同志社大学政法会設立20周年記念行事・事業募金へのご協力のお願い

同志社大学政法会 会長 高橋 滋

会長 高橋 滋(S45卒)  政法会会長 高橋 滋1994年11月に発足した政法会も2014年11月の総会をもって設立20周年を迎えることになりました。当会は、主として組織の確立と充実に力を注いだ創成期の10年間、そしてこのような会の歴史を大切にして、着実に会員からの信頼を獲得し、認知度の高まりにより同窓会活動の充実期を迎えた10年間を終えて、やがて20周年の節目を迎えようとしています。

このたび、20周年記念事業委員会から斬新的な事業提案を受けるとともに、その提案を踏まえた組織として、常務委員会や各委員会が連携する、『20周年記念事業実行委員会』を2013年7月20日に立ち上げ事業実施に万全を期すことといたしました。
設立20周年を迎える政法会は、礼記(らいき)による、二十歳、弱冠の歳を迎えます。その由来は、故事「二十を弱という。冠す」にあり、成人として冠をかぶり、社会の中で確固とした活動をして発展する時であることを意識して、その事業コンセプトを『弱冠からの創会へ』といたしました。

このコンセプトでは、20年の活動実績を評価したうえで、政法会設立の原点を今一度再確認し、新しい同窓会活動を創造していく決意をもって『創会』とするものであります。
政法会員のみなさまにおかれましては、平素から当会の活動にひとかたならぬご理解とご協力をいただいているところではございますが、この20周年を記念して、『同志社大学政法会国際留学奨励金』、『同志社大学政法会奨学金』の創設、『同志社大学政法会文庫』のさらなる充実などを計画するとともに、種々の記念行事、記念事業を行い、政法会30周年への礎を築いてまいりたいと考えております。

しかしながら、このような記念事業を経常的財源で遂行するのは、極めて困難な状況がありますことから、「20周年特別会計」を設け、会員のみなさまからのご厚意とご寄付を財源に、この20周年記念事業を行ってまいりたいと考えております。どうか、同志社大学の益々の発展と同志社大学政法会活動の益々の充実に、絶大なご支援とご協力をいただくべく、同志社大学政法会設立20周年記念行事・事業募金にご協力を賜りますようお願い申しあげます。