同志社大学政法会 updated 2018-08-03

中澤 幸三(昭和33年卒業)さんからのご投稿

【不戦の想い】

BBC放送によると世界に良い影響を与えている国、日本は2位という。
『未来を信じ未来に生きる』(末川 博) 私のテーマです。



①【イラク】
64名の女性国会議員が誕生した。これはクゥエートを侵略したフセイン独裁政治が排除され、コーランに対し自由の女神が勝利したと言える。一国国家主権が制限され国連の力が確立された21世紀と考える。



②【日本】
かつて、吉田 茂はナチスドイツと日本陸軍は国際的無法者と言った。多くの国民の犠牲と識者(幣原喜重郎、鈴木安蔵、森戸辰男、高野岩男、杉森孝次郎、等々)の提言によって生まれた輝かしき日本国憲法は平和文明を担い、今後、数百年に渡り平和時代は持続されよう。


1928年国際紛争の解決に戦争をしないという不戦条約を15カ国で署名した。(その後、63カ国が署名、翌年パリで締結)


日本はこれを推進する外交理念を持ち、加えて、自衛隊はEU連合(28カ国)に統合させることにより、日本の国際的安全保障も確立できるのではないか。 世界から共感を得られる生き方こそ日本の使命であろう。



※1929年7月25日(昭和4・7/25)パリ不戦条約に寄せて

2007年8月1日 昭和33年卒 中澤 幸三