同志社大学政法会 updated 2018-09-20

中澤 幸三(昭和33年卒業)さんからのご投稿

【図書館に想ふ】

一宮市の図書館で、蔵書47万冊の整理ボランティアをしている。一方で、7冊・14日間と言う貸し出し枠内で本を借り受け読書に親しんでいる。

さて、世界主要国で公立図書館数は如何ほどのものであろうか?
古いデータではあるが、1980年に米国5万館、英国1万5千館、日本800館と某書物に書いてあったがこの比率は今も変わっていないのだろうか。

又、図書館は誰が、どの様な目的で創ったものなのかも、初めて知った。「アンリ・デュナン」スイス生まれのキリスト教博愛主義者であり、国際赤十字の創設により第1回ノーベル平和賞の受賞者である。
デュナンは、戦争は無知・偏見・独善等、他愛ない原因で起こると言っている。民族主義・一国愛国主義から脱却し寛容と理性により人類愛を深める。
その為、広く人々が学ぶ場として図書館設立を思い立ったと言う。これが西洋図書館文明の発祥と考えられ、このデュナンの理念を大切にしたいと思う。

尚、補足として図書館の起源は僧侶文庫・教会文庫・貴族文庫・武家文庫から始まり、夫々の宗教・階級のための蔵書文庫から国民図書館へと歴史的な発展を遂げたものである。

2009/10/27
昭和33年 法学部政治学科卒 中澤 幸三