同志社大学政法会 updated 2018-08-27

HOME > 写真集 > 新島邸へのご案内

(新島旧邸パンフレットより転載)

京都市上京区寺町丸太町上ル松蔭町(新島会館北側)
1878年(明治11年)9月7日竣工、1985年(昭和60年)、
調度・家具類を含めて京都市から有形文化財に指定されました。

ご夫婦のベッドルーム
書斎 東南角の部屋。新島先生が使った机がそのまま残っています。 壁一面に書棚があり8割が洋書でした 。
旧邸の碑
台所 板張りの床の上に流し台、かまどを設けてあり、井戸も室内にあります。
正面左から
新島夫人のオルガン(今でも演奏可能) 八重夫人が使用していたオルガン
西洋式トイレ 板張りの洋式トイレとして日本初といわれています。

(新島旧邸パンフレットより転載)

旧邸正面
正面右から
風呂場
応接間(新島旧邸パンフレットより転載) 玄関右の18畳ほどの洋間 当時の椅子やテーブルがそのまま置かれています。
暖炉
暖炉からセントラルヒーティング用のダクト

京都市指定有形文化財
入口門
正面左から

※新島旧邸については、メンテナンスのため2014年4月~9月の6ヶ月間、休館しております。また、2014年10月以降の開館については、決まり次第、ホームページ でお知らします。
詳しくは、下記URLをご覧ください。
<同志社大学 同志社社史資料センターホームページ>
http://archives.doshisha.ac.jp/
<新島旧邸>
http://archives.doshisha.ac.jp/old_mansion/old_mansion.html



写真撮影 加賀見 貞夫 (昭和36年卒)