同志社大学政法会 updated 2018-08-03

HOME > 写真集 > 2010年度 学業成績優秀者表彰式

2008年度 学業成績優秀者表彰式

2010年度 学業成績優秀者表彰式

2010年度 学業成績優秀者表彰式

2010年度法学部の卒業式(学位授与式)が、三月二十日(日曜日)十二時三十分より栄光館にて多くのご父兄もご出席の下、同志社の伝統に則り重厚かつ厳粛に執り行われました。当日は鴛淵同志社女子大学名誉教授の前奏の後、出席者全員が、三月十一日発生した東北関東大震災で犠牲になられた方々に対し、深い哀悼の気持ちを込め黙祷を捧げました。この後、賛美歌斉唱、原キリスト教文化センター所長の聖書朗読ならびに祈祷に続き、八田英二学長より823名に学士学位記、46名に修士学位記、1名に博士学位記が授与され、学長の式辞、大谷総長の祝辞、水谷神学部長の祝祷を夫々賜りました。特に、八田学長の式辞の中で、今回の大震災に対する神学部現役学生の米国内での熱心な支援活動の紹介があり、また“本日は大震災の復興にかける若者を社会に送り出す式典と位置付けてほしい”との卒業生、修了生に向けた期待のメッセージが大変印象的でした。


政法会としても、毎年、学業成績優秀者に対しては、その功績を讃え表彰しておりますが、今年も学部女性3名、大学院女性1名、男性1名の計5名の卒業生に対して、卒業(修了)式の終了後、至誠館にて政法会笠井翠会長より表彰、記念品が授与されました。会長からは受賞者に対して、これまでの努力に対する敬意を表され、また“試練の時こそ夢を持って進んでほしい”と餞の言葉がありました。併せて、法学部長川口恭弘教授、北川登士政法会副会長よりも暖かい励ましの言葉を賜わりました。受彰されました皆様の今後のご活躍をお祈りします。


政法会記念品贈呈

政法会では法学部を卒業(修了)し、新しく政法会に入会された方全員に記念品を贈呈していますが、2010年度も卒業(修了)式終了後、笠井政法会会長を始め、常務委員、事業委員他関係者が全てのゼミ教室を訪問し、政法会オリジナル記念品をお贈りし、卒業(修了)のお祝いの言葉を伝えると共に、政法会活動を改めて紹介し、会へのご理解を深めると共に今後の支援、協力につきお願いしました。
新たに入会されました会員の皆様のご活躍と政法会活動への積極的な参加を心より期待しております。