同志社大学政法会 updated 2018-08-03

HOME > 政法会について > 総会概要 > 第24回定時総会

各支部のご紹介とお知らせ

「第二十四回定時総会」 卒業年別記念同窓会に多くの会員が参加

第二十四回定時総会が2017年11月12日(日)今出川キャンパスの良心館に於いて開催されました。午前中に開かれた卒業年別記念同窓会には二百名を超す会員が参加し、また午後からの定時総会、記念講演会、懇親会にも多くの会員に集まっていただき、当日は大盛会となりました。

例年通り、定時総会に先立ち午前中から卒業年別記念同窓会が開かれ、今年は217名の同窓が参加さました。今回の参加人数は昨年の161名を大きく上回り、世話役となられました会員各位のご尽力の賜物と言えます。誌面を借りまして御礼申し上げます。午後から始まった定時総会では、172名の会員が出席されました。総会の開催に当り、松岡敬学長からご挨拶を賜り、法学部への支援活動に対して謝辞が述べられました。当日は大学主催行事でご多忙の中ご臨席いただきましたこと、誌面を借りまして御礼申し上げます。
定時総会は、議長(髙橋滋会長)が開会を宣言し、議事録署名者に廣岡凱雄氏(昭和42年卒)、中西勝氏(昭和45年卒)の両氏を指名の上、審議が行われました。

冒頭、議長から第1号議案と第2号議案、また第3号議案と第4号議案は密接な関連があるため、一括審議を受けたいとの説明があり了承されました。第1号議案の「2016年度 事業報告の件」は植田弘副会長が、第2号議案の「2016年度 収支決算報告および会計監査報告の件」については、松尾幹郎副会長が総会資料に基づく説明の後、「20周年記念事業・行事特別会計中間報告書」については、現在進行中の事業であるため中間報告書とした旨の説明が行われました。以上の決算報告について、泉澤英雄監査委員から、「適正かつ正確であった」との会計監査報告が行われ、審議の結果、両議案は満場一致で承認されました。引き続き、3号議案の「2017年度事業計画(案)の件」について竹田正史副会長から、第4号議案「2016年度予算(案)の件」は松尾幹郎副会長から資料に基づき説明が行われましたが、特に質問、異論等はなく、両議案とも満場一致で承認されました。第5号議案「その他」のところでは「古本募金事業」についての質問があり、大西誠事業委員長より内容の詳細について説明があり、理解を深めることができました。次に、会則第4条の中にある「啓蒙」という表記が適切ではない、「啓発」または「研鑽」に置き換えてはどうかとの提案がありましたが、松尾副会長から今後検討する旨、回答されました。以上で総会が終了し、引き続き同会場にて「課外活動関係成績優秀学生」の表彰式が行われ、法律学科からは法学研究会の成岡勇哉さん(4年次生)、同じく植田昴星さん(4年次生)が、また政治学科からはラグビー部の鶴田桂樹さん(4年次生)、少林寺拳法部の田尻曜子さん(3年次生)の4名の学生が、それぞれ課外活動の功績に対してその栄誉をたたえ、髙橋会長より表彰状と記念品が贈呈されました。

表彰式の終了後、ホテルグランヴィア京都に移動し、講演会、懇親会が行われました。16時半から始まりました講演会は、木下哲次総会副委員長による司会で進行され、読売テレビ報道局解説委員長の春川正明氏を講師にお迎えし、「どうなるのか、日本を取り巻く環境」の演題で講演が行われました。第48回衆議院選挙の直後であり、また、北朝鮮情勢など、国内外のニュースが大変多いタイミングでもあり、春川氏の講演内容もそれらの話題から、自身がコメンテーターを務めておられる番組の裏話や安倍首相へのインタビューの裏話など、豊富な内容でした。また当日は、春川氏とは旧知の政法会会員で立憲民主党幹事長の福山哲郎参議院議員(昭61年卒)も参加しておられ、テレビや新聞では報道されないような、民進党分裂のいきさつなど、春川氏が福山議員にインタビューされるという一幕もあり、例年にはない講演会となりました。また講演会の前後で春川正明氏の著書販売・サイン会が同会場にて行われました。

次に、懇親会が17時半から角濱純二総会委員と熨斗弓子同委員(奈良テレビアナウンサー)による司会で始まりました。ご来賓として、法学部からは瀬領真悟学部長ほか法学部の先生方、大学院司法研究科からは大中有信研究科長、卒業生団体である商学部樹徳会、経済学部同経会の各代表ならびに表彰学生をお迎えし、瀬領法学部長からご挨拶を賜りました。懇親会には講師の春川氏にもご参加いただき、笠井翠前会長による乾杯のご発声でパーティーが始まり、参加者一同、会食・歓談を楽しみました。
宴のアトラクションとして、今回は異色のコンビによる音楽演奏を楽しみました。出演されましたのは同志社大学名誉教授の山下正和先生と慶子夫人で、ご夫妻は現在「ピアノ & バイオリン 宙(そら)」というユニット名で演奏活動をされています。演奏曲目は「ジェラシー」、「伊勢佐木町ブルース」、「ダイアナ」などの6曲で、社交ダンスでもご活躍の山下先生がダンスのステップをされながらバイオリンを弾いておられたのが印象的でした。素敵な演奏を聴かせていただきましたこと、山下先生ご夫妻に御礼を申し上げます。

宴も終わりに近づき、カレソンリーダー黒津忠史委員のもとに全員でカレッジソングを斉唱しました。今回は山下慶子夫人にピアノ伴奏をいただきましたので、例年より上手く歌えたような気がします。閉会の挨拶は植田弘副会長が行い、今年十一月十一日(日)の再会を期して懇親会は盛況のうちに終わりました。
例年のことですが、本会の開催にあたり、各方面でご尽力・ご協力賜りました皆々様に心より御礼を申し上げます。

(総会委員長 鈴木正雄)
▲ ページトップへ